読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳時記生活―旧暦のある暮らし―

旧暦のある暮らしに憧れて…二十四節季・七十二候を少し感じながら毎日過ごしてみたいと思います

新玉ねぎ

野菜 料理

今日から3月、二十四節気は雨水

七二候は草木萌動(そうもくめばえいずる)

雨が本当に降らなかった2月

草木はどう思っているのかしら

 

野菜売場はもう春になっています

ふきのとう、春キャベツ、絹さや…

 

今日は新たまねぎを買いました


f:id:koyagi-saijiki:20170301231718j:image

たっぷりのおだしと鳥ひき肉で丸ごと煮ます

スナップえんどうと一緒に…

甘くてみずみずしい春のお味

 

野焼き

旬の兆し

今日から雨水の末候

草木萌動(そうもくめばえいずる)

草木が芽吹き出すころ

 

 早春、晴天の風のない日

野山に火を放って枯草を焼き払う野焼き

 

今日、近くの農家でも野焼きをしていました

マンションのベランダから見物

f:id:koyagi-saijiki:20170228184908j:image

よく見ると、ビニールハウスの中から煙が…

 ハウス栽培の残さ(茎葉の残り)を燃やしています

ハウス栽培は病害虫の連鎖が起こりやすいので残さは燃やさなくてはなりません

 

最近は煙への苦情が多く、必用最低限の野焼きしかしないのだと農家の方からお聞きしました

 

焼いた後の畑で何を育てるのかな

おいしい野菜を思い浮かべます

 

春が来たと感じる、煙を見ながら…

 

 

 

 

道路端の水仙

木や草花

ただ今、二十四節気の雨水

七二候は霞始靆(かすみはじめてたなびく)

 

道行く人々の服装はまだまだ冬

ダウンコート、ブーツ、毛糸の帽子

でもそれが、少し暑く重く感じる瞬間が増えてきました

 

車が行き交う大通り

歩道の脇に咲いている白い花


f:id:koyagi-saijiki:20170226230517j:image

水仙

ここだけ、これだけ咲いています

誰かが植えたとも思えない

ひっそり、でも力強く咲いてます

 

もうすぐ水仙の時期も終わります

何かが終わって、何かが始まる

春が来て、うれしいんだけど少し寂しい

 

 

 

 

味噌作り

料理

二十四節気 雨水の次候

 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

 

今日も冷たい北風で乾燥しています

霞の気配はありません

 

今日は仕事がお休み

初めての味噌作りにチャレンジ

今は味噌を仕込むのに一番良い時期

 

味噌作りキットを購入

大豆、糀、塩、樽までセットになっています


f:id:koyagi-saijiki:20170224213710j:image

1時間位大豆を煮て、潰します


f:id:koyagi-saijiki:20170224215732j:image

バーミックスで楽チン

これが糀です
f:id:koyagi-saijiki:20170224220244j:image

糀と大豆を混ぜて出来上がり


f:id:koyagi-saijiki:20170224222642j:image

案外簡単

もっと前からすれば良かったな

 

出来上がりは9月

今の季節からの贈り物

楽しみをありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

沈丁花

木や草花

二十四節気 雨水、七二候は今日から

 霞始靆(かすみはじめてたなびく)霞が春景色を彩り始める頃

 

暖かくなり、空気中の水分や塵で遠くがぼんやりかすんで見えることだそう

霞がたなびく…とても素敵な表現

 

今日のコヤギ地方は春三番が吹きました

霞も吹っ飛んでしまったようです

 

風に乗っていい香りがしてきました

 
f:id:koyagi-saijiki:20170223182958j:image

沈丁花です

 強く甘い香りが春の訪れを知らせてくれます

においで春を感じられる、幸せな瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

菜の花

料理 野菜

二十四節気の雨水 

七二候は土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)

今日は良い天気ですが真冬の寒さ

潤いはいずこへ?

 

自転車でスーパーへ

手袋をしてても手がかじかみます

 

コヤギが思うに、スーパーはすごく季節が感じられるところ

 

蛤が出てきています

5 、6個入ってひとパック980円!

桃の節句までにもう少し安くなって欲しいものだわね

 

今日は菜の花を買いました

一年中いつでもある野菜が多い中、菜の花は今の時期だけ


f:id:koyagi-saijiki:20170221221828j:image

 菜の花の辛子和え

白だしと練り辛子であえるだけ

コツは菜の花の茹で時間、20秒

すぐに冷水にさらすと綺麗な緑色

 

今日は夫が遅いので1人ご飯

ほろ苦いけど少し甘い菜の花

ビールに良く合います

 

春だなーやっぱり

 

 

ペンペン草

木や草花

雨水の初候

土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)

 

夕方からひさしぶりに雨が降りました

草木や土の中にいる虫達も喜んでいるのでは

 

大地から春がやってきそうな気がして…

下を見ながら歩きます

 

使ってない畑に一面のペンペン草


f:id:koyagi-saijiki:20170220224926j:image

本名は「なずな」ということはかなり大人になってから知りました

春の七草に入っていますね

 

子供の頃はペンペン草の葉っぱを途中まではがして、プラプラさせて遊んでいました

 

今では野の花でも摘むのがかわいそうで、見るだけ…

ペンペン草も雨が降って、今頃は喜んでいますね、きっと。