歳時記生活―旧暦のある暮らし―

旧暦のある暮らしに憧れて…二十四節季・七十二候を少し感じながら毎日過ごしてみたいと思います

ドトール限定コーヒー(秋)

二十四節気 寒露 七十二候は 鴻雁来(こうがんきたる) 雁が北から渡って来る頃 鴻雁北(こうがんかえる)の記事はこちら まだ夏日もありますが、ようやく秋らしい空気になってきました ずっとアイスコーヒーを飲んでいましたが、最近はホットを注文する回数が…

付岩洞(ソウル秋旅)

秋分の末候 水始涸(みずはじめてかるる) 引き続き秋のソウルの旅 今日は春のソウル旅行でとても気に入った町、付岩洞(プアムドン)へ 過去記事はこちら 秋めいたプアムドンの町 いちょう並木の下には銀杏が落ちています まずは念願のチキンの有名店へ ここ…

ソウルはしご酒(秋)

二十四節気 秋分 七十二候は 水始涸(みずはじめてかるる) 半年ぶりにソウルを訪れています 春のソウル記事はこちら 秋夕も終わり、韓国も本格的な秋の到来です 街中の植え込みも秋っぽい デパート前のオブジェにはすすき 夜は少し冷えますが日中はちょうど…

柚子こしょう

秋分の末候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 玄関のドアを開けると「金木犀」の香りがフワッと漂って来ました もうそんな時期なのね 金木犀の過去記事はこちら 昨夜も雨だったせいか、当たり一面に金木犀の強い匂いが立ちこめています 今日は少し二日酔…

伊豆下田の旅〈3〉

二十四節気 秋分 七十二候は 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) 引き続き下田の旅です 過去記事はこちら 昼食は「美松寿司」へ 三代続く老舗のお寿司屋さんです こちらでのおすすめは下田の地魚にこだわった黒船寿司2200円 金目頭の煮付けは絶品です …

伊豆下田の旅〈2〉

二十四節気 白露 七十二候は 玄鳥去(つばめさる) 伊豆下田の旅の続きです 関連記事はこちら 来たばかりですが、すっかり下田が気に入りました 夜は地元で人気の居酒屋「開国厨房なかなか」へ 新鮮な魚はもちろん、伊豆牛や伊豆軍鶏など地域の食材を使った…

伊豆下田の旅〈1〉

白露の末候 玄鳥去(つばめさる) 遅めの夏休みを取って、伊豆下田へ一泊旅行です 「下田は寿司が安くておいしい!都会の半額のイメージで大満足」なる話をグルメな友人から聞いたのがきっかけ 旅のテーマは「下田でおいしいもの食べる!」です 新宿発「スー…

タバスコ作り

二十四節気 白露 七十二候は 鶺鴒鳴(せきれいなく) ここ数日気温が急に下がりました やっとあの暑さから解放されるのね 秋っていいなぁ 毎年夏はハラペーニョでタバスコを作っています 過去記事はこちら しかし、農家の無人販売でいまだにハラペーニョを見…

ど根性朝顔のその後

二十四節気 白露 七十二候は 草露白(くさのつゆしろし) 8月、ベランダの側溝に突然芽を出した朝顔 去年の朝顔の種が飛んで、側溝にたまった少しの泥から芽を出したようです けなげなその姿から「ど根性朝顔」と名付けて植木鉢に植えました 関連記事はこち…

カナブンとコガネムシ

二十四節気 処暑 七十二候は 天地始粛(てんちはじめてさむし) あまりにも厳しい残暑 「残猛暑」なんていう言葉を聞きました 今年もたくさんのカナブンを見かけました カナブンの過去記事はこちら マンションの階段に転がっているカナブン 弱って飛べないの…

盆踊り

二十四節気 処暑 七十二候は 綿柎開(わたのはなしべひらく) 処暑、暑さもようやく収まる頃 いやいや、今年はどうなっているのか この異常な暑さのぶり返し 天気予報では「猛烈な激暑」と表現しています 今年も近所の盆踊りに行って来ました 去年の盆踊りの…

灯籠流し

立秋の次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 連日の猛暑でしたが、今日は突然涼しい風が吹いています いつもは寂しく感じる秋風ですが、今年は少しほっとします 今年も灯籠流しへ行ってきました 去年の記事はこちら 毎日の生活で世話しなく過ぎていく日々 でも、ここ…

ど根性朝顔

二十四節気 立秋 七十二候は 涼風至(すずかぜいたる) 暦の上では秋になりました でもまだまだ猛暑は続きそう 毎年立秋というと寂しく感じますが、今年はなんだか少しホッとします ベランダの側溝に朝顔の芽が生えていました! 去年朝顔市で買った朝顔の種…

山形のだし

大暑の次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 台風のあとはまた猛暑が続きます 大雨も大変ですが、やっぱり雨は必要です 猛暑の影響か、野菜が高くなってきました 今日は「山形のだし」を作りました 「だし」は山形の郷土料理 数年前、山形県在住のアメ…

えごま

二十四節気 大暑 七十二候は 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) テレビでは、連日この夏の異常な暑さを取り上げています 楽しいはずの夏なのに… 今年は何か言い様のない不安と共に過ぎていきます 農家の野菜コーナーで、今が旬の「えごま」を見つけまし…

高尾山ビアマウント 高尾山ビアガーデン

小暑の末候 鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす) 猛暑日が続きます 「暑いですね」が毎日何回もするご挨拶 水不足とか、熱中症、、異常気象… 不安な考えも頭をよぎります いつの頃からか、夏は楽しいばかりじゃない季節になってきました それでも夏は大好…

紫蘇ジュース

二十四節気 小暑 七十二候は 蓮始開(はすはじめてひらく) 例年だとまだ梅雨ですが、今年は異例の6月中の梅雨明けでした ギラギラ太陽と湿気で早くも夏バテぎみ 梅干し用の紫蘇を買いに行きました 毎年買っている農家の畑 過去記事はこちら 今年はもう残り…

谷中生姜

二十四節気 夏至 七十二候は 半夏生(はんげしょうず) いつものスーパーへお買い物 一番先に覗くのは農家の野菜コーナー 関連記事はこちら 「谷中生姜」が出ていました 小さい頃から両親がこれを「ヤナカ」と言っていたので「ヤナカ」という名前だと思って…

梅干し作り

夏至の次候 菖蒲華(あやめはなさく) 梅雨が明けました! なんと例年より約20日早い梅雨明け 史上最速の梅雨明けだそう コヤギ地方は本日最高気温34度です コヤギは夏が一番好きな季節ですが… いっくら何でも早くないかい? この時期のお楽しみ、梅干し作り…

夏越の祓(なごしのはらえ)

二十四節気 夏至 七十二候は 乃東枯(なつかれくさかるる) 今日の気温は32度、今年初めての猛暑日 近くの神社で「夏越の祓」がおこなわれました 夏越の祓とは?関連記事はこちら コヤギも初めての「夏越の祓」少しドキドキ 普段はひっそりしている天神さま …

カラスの巣立ち

二十四節気 芒種の末候 梅子黄(うめのみきばむ) 家の前の樫の木に今年もカラスの子供が生まれました 子ガラスの鳴き声は「カーカー」じゃなくて「あ"ーあ"ー」 この声がすると、今年もカラスの赤ちゃんが生まれたんだなと分かります 樫の木の過去記事はこ…

うぐいす

二十四節気 芒種 七十二候は 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる) 毎日があっという間に流れて行きます 気がつくと梅雨に入っていました 「ホーホケキョ ホーホケキョ」 最近うぐいすの鳴き声がよく聞こえます 毎年3月くらいから鳴き出すうぐいす 春の代…

らっきょう

二十四節気 小満 七十二候は 麦秋至(むぎのときいたる) 6月になりました 店頭にらっきょうや梅が並び始めています コヤギも早く漬けなくちゃ いつもこの時期は気持ちが焦ります 今年もらっきょうが届きました 去年のらっきょうの記事はこちら 「田中さんの…

にら

小満の末候 麦秋至(むぎのときいたる) 近所のスーパーの地元農家の野菜コーナー いつも野菜を買うときは、まずここを見ることにしています 新じゃが、空豆や露地物のきゅうりなど、野菜も夏らしくなってきています 農家の野菜の過去記事はこちら 今日はに…

深大寺散歩

二十四節気 小満 七十二候は 紅花栄(べにばなさかう) 今日は仕事が休みなので深大寺へお蕎麦を食べに行くことにしました コヤギの家からバスですぐの深大寺 都内では浅草寺に次ぐ古刹、平日でも多くの人が訪れます 蕎麦が名物で、周辺にはたくさんのお蕎麦…

空豆

二十四節季 小満 七十二候は 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 初夏のこの時期のお楽しみ 今年も「空豆」の季節がやってきました 昨年の空豆の記事はこちら さやから剥いた空豆はピカピカ 皮の黒い部分に切れ込みを入れて、茹でます このひと手間がおいし…

ブラシの木

二十四節気 立夏 七十二候は 竹笋生(たけのこしょうず) 真夏のような暑さが続きます でも風は涼しくさわやかです 日差しはキラキラ、新しい命が生まれ、草木が生き生きとするこの季節が大好き 日焼け止めを塗って、帽子をかぶってお散歩 眩しく咲いている…

さくらんぼ

立夏 の次候 蚯蚓出(みみずいずる) 寒暖差が激しいですが、湿度が低く今が一番さわやかな季節ですね 近所の「さくらんぼの木」に実が成りました 去年は実がなりませんでしたが、今年は可愛いさくらんぼがたくさん! このさくらんぼの木、持ち主から完全に…

大山千枚田

二十四節気「立夏」 七十二候 蛙始鳴(かわずはじめてなく) GWを利用して日帰りバス旅行に行ってきました 今回目指すは千葉県鴨川市「大山千枚田」 東京から一番近い棚田です 新緑のきれいな季節、春の房総を目指して出発です アクアライン海ほたるを経由して…

牡丹

春の最後の節気 穀雨 七十二候は 牡丹華(ぼたんはなさく) 近所に牡丹を見かけないので、少し足を伸ばしてお散歩 牡丹を見つけにいきましょう 隣の駅の広い農家のお庭に発見 日差しを浴びて美しく咲いています 近くで見ると大きく存在感があります 昔から花…