歳時記生活―旧暦のある暮らし―

旧暦のある暮らしに憧れて…二十四節季・七十二候を少し感じながら毎日過ごしてみたいと思います

夏越の祓(なごしのはらえ)

夏至

あっというまに季節は進んでいます

七十二候は菖蒲華(あやめはなさく)

 

梅雨らしい蒸し暑さ

こんなポスターを発見


f:id:koyagi-saijiki:20170624160832j:image

近くの神社で行われる「夏越大祓式」の案内

 

夏越の祓(なごしのはらえ)とは

一年の折り返しである6月晦日に半年分の穢れを祓い、次の半年分の健康と厄除け祈願をする行事

これと対で年末大晦日に行われるものを「年越の祓」という

 

えー!行ってみたいな

けどその日はコヤギ仕事でした

どんな事をするんだろう

調べてみました

 

「茅の輪くぐり」

半年の穢れを祓い病気や禍から免れるようにと茅で作った輪をくぐります


f:id:koyagi-saijiki:20170625164122j:image

 

水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら茅の輪を3回くぐり抜ける作法

 

医学の発達した現代から想像も出来ないくらい、ちょっとした病気でも死ぬ人が多かった昔

半年を無事に過ごせるのは普通ではなく、むしろ幸運なことだったのかも…

 

コヤギなんて半年なんてあっというま

病気や死なんて考えることもなく

生きてる感謝どころか「毎日忙しくて…」なんて不満ブツクサ

 

今年の6月30日は半年を振り返ってみよう

そしてまた半年頑張れるように祈ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

夏枯草

二十四節気 夏至

昨日は一年で昼間が一番長い日

夜7時でも明るくて得した気分

明るいうちに飲むビールはこの時期ならでは

大好きな季節

 

七十二候は乃東枯(なつかれくさかるる)

乃東とは夏枯草(かこそう)のこと

別名ウツボクサという植物で、冬至に芽吹き始めます


f:id:koyagi-saijiki:20170622142402j:image

そしてちょうど今頃枯れていくことから

「夏枯草」と呼ばれるように


f:id:koyagi-saijiki:20170622190717j:image 

普通は~が咲いたら春とか思うのに…

~が枯れたら夏が来るというのもめずらしい

 

夏至

まさに夏が到来!

明るく楽しい季節が来るうれしさ

 

でも少し寂しい気持ちも…

明日から陽が少しずつ短くなっていくのね

これから夏なのに、なってしまうと悲しい

 

まだなってもいないのに考えすぎ

ですよねー⁉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立葵

芒種の末候

梅子黄(うめのみきばむ)

 

もう梅も黄色くなっているんですね

梅干しも作らなきゃ

らっきょうも漬けなきゃ

保存食作りが忙しくなるこの時期

楽しみなんだけどとっても心が焦る

季節は待ってくれないから…

 

梅雨の中、空に向かって伸びる夏らしい鮮やかな花

3メートルはあり存在感あります

よく畑の脇に咲いてるけど何の花?


f:id:koyagi-saijiki:20170620192513j:image

立葵という花でした

葵?水戸黄門の葵の紋所の?

そう言えば葵ってどんな花?葉っぱ?


f:id:koyagi-saijiki:20170620193430j:image

立葵の花はピンクで大きくて華やか

でも葵の御紋は花じゃないよね


f:id:koyagi-saijiki:20170620231351j:image

葉っぱ…うーん、似ているような


f:id:koyagi-saijiki:20170620232933j:image

いや、なんか違います

 

調べてみました

徳川の三つ葉葵は「双葉葵」という植物がモチーフなんですって

これが双葉葵


f:id:koyagi-saijiki:20170620233217j:image

なるほど!ハートの形、これですね

結果は立葵と双葉葵は違う植物でした

 

友達に葵ちゃんがいますが、どちらの葵をイメージしてるのか?

コヤギ、葵がどんな花なのかも知らなかった

畑の花も水戸黄門も友達も、割と身近だったのに…

 

こういうことって時々あります

今さらですが分かって良かった

今日はうれしい気持ちでハッピー

 

 

 

 

 

 

 

 

夏椿

二十四節気 芒種

七十二候は梅子黄(うめのみきばむ)

 

椿にそっくりの花発見

真っ白で美しい花です


f:id:koyagi-saijiki:20170618090458j:image

調べると見たままで「夏椿」という花

咲いたら1日でそのままポトリと落ちます

 

「沙羅の花(しゃら)」とも呼ばれています

これは日本人が長い間インドの沙羅樹と間違えていて、この名前が定着したようです

俳句では、「夏椿」は夏の季語。夏椿の別称として、沙羅の花、沙羅双樹があり同じように使われています。

 

沙羅双樹(さらそうじゅ)

どこかで聞いた覚えが?

あ!教科書で習ったあれです

 

 祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり、沙羅双樹(シャラソウジュ)の花の色、盛者必衰のことわりを表す

平家物語の冒頭、試験で暗記しましたよね

 

このはかない白い花から、平家の栄華と衰退に思いを馳せていたのでしょうか

 

夏椿の木の下には落ちた花がたくさん


f:id:koyagi-saijiki:20170618110310j:image

 

すべてのものは移り変わる

盛んなものもいつかは衰退する

 

分かってはいるけど、悲しんでしまう自分がいます

 

 

 

 

 

 

 

昼顔

二十四節気 芒種

七十二候は腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)

 

 梅雨の晴れ間

昼下がり、昼顔が咲いています


f:id:koyagi-saijiki:20170615172911j:image

その名の通り昼間に咲いて夕方にしぼむので「昼顔」

朝顔に似ているのに、こちらは雑草

夏の道端、金網などに咲いています

 

最近はドラマや映画の公開で「昼顔」というと不倫のイメージが定着していますね

それはなぜなのか?調べてみました

 

1967年の仏/伊合作映画『昼顔』

監督 ルイス・ブニュエル

主演 カトリーヌ・ドヌーブ

 
f:id:koyagi-saijiki:20170615141526j:image

美しい人妻が昼間だけ娼館で働くというところから悲劇?が始まっていく…というスキャンダラスな内容

第28回ヴェネツィア国際映画祭で最高賞である金獅子賞に輝いている異色の名作

 

そこからインスピレーションを受けた日本のテレビ番組が、夫のいない間に浮気する妻達を「昼顔妻」と名付けたそうです

そしてあの大ヒットドラマ「昼顔」に続いていくことに…

 

なるほどー!

昼間だけしか咲かない花「昼顔」から昼間の人妻の情事をイメージするなんて

なかなかおしゃれなセンス

 

でも、当の昼顔にとってどうなんでしょ?

割りと地味に道端で生きてきたのに…

昼顔=不倫というイメージはまだまだ続きそう

良くも悪くも一度付いたイメージはなかなか消えないものですよ

コヤギも気をつけなくちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二十四節気 芒種

七十二候は腐草為螢

(くされたるくさほたるとなる)

昔は枯れて腐った草がホタルになると考えられていたそうです

 

コヤギの子供の頃は近所に蛍がいました

おじいちゃんと一緒に捕まえに行きます

ビニール袋に入れて持ち帰り、家に放しましたがもちろんすぐに死んでしまいました


f:id:koyagi-saijiki:20170613235005j:image

さすがに今はコヤギ地方で野生の蛍はいないようです

 

蛍について調べて見ました

 

蛍は成虫になってから1週間位しか生きません

その間草の露しか食べないのです

オスは交尾後、メスは産卵後すぐに死んでしまいます

卵からかえった幼虫は水の中でほとんど過ごし、その後土の中でサナギになり羽化して蛍に…

一年かけて蛍になり、1週間で死んでいく蛍

 

タイムマシーンで戻れるなら

「やめなさい!」と子供のコヤギを怒りたい

蛍は短い命を必死に生きていたのに…

 

年をとったからそう思うんでしょうか

蛍の大変な苦労、生きることの厳しさ…

蛍の気持ちになってしまうコヤギ

 

そうなら、年をとるのも悪くない?

こういう考えになれた自分が良かった

そう!やっぱり年取って良かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入梅いわし

芒種の次候

腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)

 

本日は「入梅

雑節の一つで昔はこの日を梅雨入りの目安としていました

〈雑節とは〉

二十四節気と同じように季節の節目を表す日

主に農作業をもとに考えられた日本独自の歴日

ちなみに「入梅」は田植えの予定を立てて次の「半夏生」までに作業を終わらせる目安にしていたそうです

 

天気予報で入梅いわし」が取り上げられていました

入梅の頃に獲れるいわしをこう呼びます

油がのって一番おいしいんですって

千葉県の銚子が有名とか

 

いわしを食べたくなって早速購入


f:id:koyagi-saijiki:20170611193559j:image

いわしのしょうが煮

大好きな土井善晴先生のレシピ

しょうがの千切りがキモです

もうプリプリのふわふわでテリテリ

 

ただの「イワシ」というよりも

入梅」が付くだけでおいしく感じます

 

やっぱり、季節というのは天からの最大の贈り物ですね