歳時記生活―旧暦のある暮らし―

旧暦のある暮らしに憧れて…二十四節季・七十二候を少し感じながら毎日過ごしてみたいと思います

梅干し作り

二十四節気 小暑

七十二候は温風至(あつかぜいたる)

コヤギ地方は梅雨明けしたような快晴

もう真夏の暑さです

 

注文していた梅がやっとやっと届きました

今年は福井県からお取り寄せ


f:id:koyagi-saijiki:20170709111610j:image

しかし、もう梅雨明け間近よ

梅酢が上がる頃には赤紫蘇がなくなっちゃうんじゃないか、心配

 

過去の赤紫蘇の記事はこちら

例年農家から買っている畑の赤紫蘇

コヤギが通る度に刈られていっています


f:id:koyagi-saijiki:20170709112335j:image

今はもう一列しか残ってません…

あーもう、とりあえず今日梅干し漬けなきゃ

 

仕事から帰って夜遅く作ります

「疲れてるのに、いやだなーー」

「なんで今日届くのよ、遅すぎる」

「梅が黄色くなりすぎじゃないの」

ふと気がつくとグチばかり…

 

コヤギの楽しみのはずの梅仕事

これじゃだめ

梅もなんだか寂しそう…

 

気を取り直して、深呼吸

息を大きく吸います

ああー!  梅の良い匂い

この香り、本当に幸せ

ごめんね、梅、うちに来てくれてありがとう

 

f:id:koyagi-saijiki:20170710000806j:image

おいしい梅干しになりますように…

 

一年に一度の出会いもの

梅にも都合があるってもんよ

自分の思い通りにいくわけない

なんでもそうですけどね

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする